参建の家づくり

参建の家にするとこんな暮らしになります

断熱性能を比較するUA値

国が定めた「省エネルギー基準」とは

2013年の省エネ基準で定める値は地域によって異なり、日本全国を8地域(1地域~8地域)に細分化され、それぞれの地域に基準が定まっています。
まずは、地域別にどんな基準が定められているかをチェックしましょう。
※UA値は、数値が低いほど「断熱性能が高く」なります。

参建の断熱性能

参建の家の平均値「0.40」。北海道[0.47]よりも高い断熱性能を満たした家。

家の性能がわかる「C値(気密値)」

高性能住宅の根幹といえる「C値」

C値とは、気密性能を数値化した値で、家づくりにおいて最も判断がしづらい「施工精度」を数字で見ることができる値です。
C値は建物全体にある隙間面積(c㎡)を延床面積(㎡)で割った数値で、建物の気密性能の指標として用いられています。
数値が小さいほど気密性が高く、性能が良くなります。
次世代省エネ基準で定められているのが愛知県だと5㎠/㎡以下。

気密性は、現場の施工精度と同意義となります。気密性が悪い又は高さを測定しないのは、現場の施工精度に自信がない証拠となります。

耐震等級3の性能

数百年に一度程度発生する地震力の1.5倍の力による水平力に対して構造躯体が倒壊、崩壊等しないように対策を行います。

私たちは、耐震性能がいいだけでなく、お客様のライフスタイル・趣味・好みに応じて、参建の「自然の家」は、自由なデザインで作ることができます。

自然素材「無垢」

すべて無垢材使用です。
土台、柱には地場産ひのき梁には高山のスギを使用しております。
表し天井には無垢のスギを使用。

木が放出するフィトンチッドという成分の中には住む人のストレスを和らげ、リラックスさせてくれる効果があります。
この成分には空気を浄化したり悪臭を消したりする消臭脱臭効果に加えて、調湿機能で結露を防ぎ、カビやダニなどへの防虫・抗菌にも効果があります。 清潔で快適な室内環境を保つことが出来ます。
人体に安全な天然物質なので、アトピーや喘息などのアレルギー症状をお持ちの方にも安心です。