住まいと健康の関連!

住まいの健康づくり

こんにちは、スタッフの市川です。

現在3月の完成見学会のご予約受付中です。

吹き抜けの大らかな空間や造作キッチンが見どころです。

ぜひお越しください、お待ちしています。

 

さて、住まいと健康の関連についてです。

参建は高気密高断熱の住宅を自然素材で造っています。

それはシックハウスにならないため、省エネで快適に過ごしていただくためです。

今までのお施主様からも快適な生活の感想を頂いております。

お客様の声はこちら

 

実は、国でも断熱リフォームの補助金を活用して断熱リフォームされた方の

健康の影響への調査をしていました。

この補助金を活用して参建でもリフォームしていただいていました!

 

その結果が数年にわたり出てきていますのでこちらで発表したいと思います。

 

暖かい家(居間18度以上)と寒い家(居間18度以下)を比べた時に寒い家での

・関節症、腰痛になる方は2.8倍

・糖尿病になる方は、1.6倍

 

その他アレルギー性鼻炎が改善したり、夜間の頻尿が治ったり、

体調を崩しにくいので通院費が削減できたりとメリットはたくさんです。

 

そしてこの光熱費高騰の今、省エネで快適に過ごせるのは大きいです。

 

zeh基準(断熱等級5 ua値0.6)が今後最低基準となりますし、

ぜひお家はデザインだけでなく構造、性能にも注目していただけたら嬉しいです!

完成見学会で体感できますよ。

 

参建ではリフォーム、リノベもやっています。

ぜひお問合せください。