S様邸 気密検査

NEW参建の家づくり現場近況報告

こんにちは。スタッフの本田です。

先日S様邸にて気密検査を行いました。

 

気密検査とは、簡単に言うと住宅にある隙間が

どれだけあるかを調べる検査の事です。

 

住宅にある隙間面積の合計に床面積の合計を割った数値が

C値(c㎡/㎡)になります。

C値とは家にどれだけの隙間があるのかを数値化できるものです。

 

C値が低いほど隙間が少なく、

気密性の高い(外の空気が侵入しにくい)住宅です。

 

C値は北海道や東北の寒い地域では2.0c㎡/㎡以下、

その他の地域では5.0c㎡/㎡以下と定められています。

 

また、日本よりも気温の低いカナダでは0.9c㎡/㎡以下、

スウェーデンでは0.6~0.7c㎡/㎡以下と

非常に厳しい値が定められています。

 

 

 

IMG_0461[1].JPG

この様な機械を使って実際に検査が行われます。

 

検査の仕組みはこの機械で室内の気圧を低く(外の空気が入ってきやすい状態)します。

(窓等を締め切った状態で写真にあるプロベラを回し、建物内の空気を外に放出します)

外の空気が入ってくる=隙間があるという事になるので、

その隙間を機械で計測するという仕組みです。

 

測定結果......。

 

 

S様邸では、C値=0.35c㎡/㎡でした!

日本やその他の国の基準と比べても非常に気密性が高いといえます。

 

気密性が高く・断熱にもこだわっているからこそ住みやすい家が出来るわけです。

そのため冷暖房費の削減や外気温に影響を受けにくい快適な空間が出来ます。

 

最近は梅雨も明け蒸し暑い日々ですが、

そんな環境でも快適に暮らせる家を弊社では造っています。

 

こちらのお住まいで完成見学会を開催させて頂くことになりました。

お施主様のご協力に感謝いたします。

詳細&ご予約はこちらから。

ご予約お待ちしております。