気密検査 C値について

現場近況報告

こんにちは。スタッフの水野です。

 

参建では、全棟で気密検査を実施しています。

先日は扶桑町H様邸にて、気密検査を行いました。

 

 

S__3735556.jpg

 

右に見えるラッパのような機械を使って"C値"を測定します。

10分ほどで測定終了。

BB34EF7B-3D53-47DC-8F3C-D42D1D789A2E.jpg

結果は0.4cm2m2(=C値)!

 

C値とは、

「1m×1mの範囲にどれだけの隙間があるか」ということを表す数値です。

愛知県におけるC値の最低基準は、5cm2m2

この場合、5㎝×1㎝の隙間があるということ。

このお家は、0.4㎝(4㎜)×1㎝の隙間しかないということだから、

基準と比べてかなり気密性が高いということが言えます。

 

いくら断熱にこだわっていても、隙間だらけでは意味がありません。

快適な暮らしを実現するには、断熱はもちろん、気密も絶対に必要ということなんです。

 

 

 

cancer

 

参建公式Youtubeでは気密検査の様子をみられます!