オールアース工法の一覧

オールアース住宅とは?⑤「部屋ごとの電磁波状況 キッチン編」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

 

この前の記事では、住まいの中の電磁波対策についてお話しました。

1回目の記事:①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

前回の記事:④「住まいの中の電磁波対策」

本日は、部屋ごとの電磁波状況 キッチン編 についてお話したいと思います。

SANKEN150409_059.jpg

前回の記事では、簡易的な電磁波対策の仕方をご説明しましたが、

その1つ1つについて、具体的にお話していきたいと思います。

 

まずは、主婦の方が1日の4分の1を過ごすと言われている「キッチン」についてお話をします。

キッチンで毎日使う調理器具の電源コードは年中差し込まれたままではないでしょうか。

キッチンは実は電磁波の影響を受けやすい場所なのです。

 

では、まず電子レンジから見ていきましょう。

「電子レンジは電磁波が強い」と言われるのは、磁場のことを言います。

しかし、常に磁場が発生しているわけではありません。

スイッチをオンにして、チン!となるまでの間だけ発生します。

なので、2メートルぐらい離れていれば問題なし!

レンジの中を覗いているのはだめですよ。やっちゃいますけどね・・・gawk

一方の電場は電源コードをコンセントに差し込んだ状態ですと、常に発生しています。

これは、電子レンジ以外の家電製品も同じです。

家電製品を置いてある台にも伝播しますので、使わない時は電源コードを抜くか、アースをしましょう。

 

冷蔵庫は、1メートル離れても電場100V/mくらい発生します。

そのため、アースをすることをお勧め致します。

また、磁場は冷蔵庫の背面から発生します。

そのため、冷蔵庫の裏側に部屋がある場合は注意が必要です。

 

そして最後に、IHクッキングヒーター。まずは電場ですが、

設置型タイプは200v電圧でアースが義務付けられていますので、心配いりません。

磁場については、発売当初はかなり強い機種ばかりでした。

しかし、ある時期以降の発売からは、当初の値の100分の1程度になっています。

そのため、これから購入をご検討されている方は、ご安心してお使い頂けます。

ただし、距離が近すぎるとまずいので、10センチは離れて使いましょうね。

 

キッチンで使う機器の対策について、少しはご理解頂けましたか。

今日からでもできる身近な対策もあったと思います。是非、実行してみてくださいね。

次回は⑥「部屋ごとの電磁波状況 リビング編」をお伝えします!

詳しく見る

オールアース住宅とは?④「住まいの正しい電磁波対策」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

 

この前の記事では、住まいの中にある低周波と高周波についてお話しました。

1回目の記事:①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

前回の記事:③「住まいの中にある低周波と高周波」

本日は、住まいの中の電磁波対策についてお話したいと思います。

 

住まいの中で対策が必要になるのが、「低周波」です。

 

低周波には、「電場」と「磁場」という2つの要素があり、それぞれ対策方法が異なります。

共通することは、「ある程度の距離を離れていれば大丈夫」ということです。

 

皆さんの住まいをイメージしてください。

 

リビングやキッチンには、テレビやパソコンといった家電線品があるし、

寒い時期なら、床暖房やホットカーペットを使っていますよね。

また、眠る時には電気毛布をお使いかも知れません。

1441528834630.jpg

こうして考えると、毎日電気に囲まれた生活をしています。

しかしながら、全部に電磁波の対策をする必要はありません。

対策の基本は「一定の距離を取る」ことです。

 

まず床暖房は基本的に電磁波が発生します。お部屋が暖まったら電源をオフにしてください。

 

ホットカーペットも床暖房と同じで、身体が触れ続けるものです。

使わないのが1番ですが、もし使うのであれば磁場の発生しないタイプを選んで、

アースをして電場を除去してください。

 

テレビは一定の距離を取ってみますよね?なので心配ありません。

もの凄く近い距離で見る方なら別ですが・・・gawk

パソコンは触れ続けて使用するのでアース対策が必要です。

 

キッチンは、冷蔵庫と電子レンジはアースをしましょう。

設置型のIHクッキングヒーターは200Vですから、アースが義務付けられています。

 

まず「離れる」 離れられないものは「アースする」ということです。

 

ここで、問題なのは寝室です。多くのお宅のほとんどは寝室が2階になり、

ベットは壁にぴったりくっついています。壁の内側や、

2階の床下には配線の束が敷き詰められており、その配線から電場が発生します。

 

まず1つ目の対策として、ベットは壁から20センチ離してください。

ベットに電源が付いている場合は、コンセントから抜いてください(勉強机も同じ)。

海外の子供の勉強机には、電気ランプは置きません。

なぜなら、電磁波の影響を1番受けるのが、お子さんだということを知っているからです。

 

全ての家電製品や場所の電磁波を心配して生活するのではなく、

まずは長く居る場所から対策をしていきましょう。そして、適切な対処方法を施しましょう。

 

次回は⑤「部屋ごとの電磁波状況 キッチン編」をご紹介致します。

 

PS:9月中旬になりました。皆さんシルバーウィークはどこかお出かけですか?

当社は通常通り営業してしておりますので、このお休みの機会によければ展示場にお越しくださいねnote

宿泊体験可能!無垢の家 びおハウス展示場はこちら

詳しく見る

オールアース住宅とは?③「住まいの中にある低周波と高周波」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

 

この前の記事では、電磁波を受けることによってどんな体調不良が出るのか 

 ということについてお話しました。

1回目の記事:①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

前回の記事:②「電磁波の目に見えない危険性」

 

本日は、「住まいの中にある低周波と高周波」についてお話したいと思います。

 

さて、質問です。皆さんが1日を振り返って、最も長く居る場所はどこでしょうか。

 

全ての方に共通して長い時間を過ごすのがお家の「寝室」なのですね。

SANKEN150409_111.jpg

新聞やニュースで目にする「電磁波」は、

送電線や電波塔に関する話題がほとんどのため、

屋外からの影響を気にします。

しかし、実際に測定しても、

屋外からの電磁波が基準値を超えることはほとんどありません。

 

「え?じゃあ何が問題なの?coldsweats02

 

原因を探して家中を測定していくと、

ベットの上での電場が、基準値の15倍!ということがあったらしいです。

 

「どうして電磁波がそんなに?」

 

答えは、屋内配線です。

家の壁の内側がどうなっているか 考えたことがありますか?

建築現場へ行くと見られますが、壁の内側や床下には、

配線の束が張り巡らされています。その配線から低周波の電場が発生します。

 

ベットの上で強い電場が確認された理由は、床下の配線がベットにも帯電していたのですね。

常に電気を浴びながら寝ているのか・・・と考えると少し怖い気持ちになりましたsweat01

 

しかしながら、家の構造や部屋によって電場の発生状況は違います。

測定をして見ないとわかりませんので、必ずしも「寝室は電磁波が強い!」

いうわけではないです。しかしながら、屋外よりも室内から、

特に長時間過ごす場所から見直すことが大切なのです。

 

また、「高周波」も、住まいの中で発生する可能性があります。

ゲーム機などが例ですが、家電製品が有線から無線に切り替わってきています。

これは「目に見えない配線」になっているだけで、電磁波は高周波へと形を変えて存在しているのです。

私はゲームをよくするのですが、無線でやっています。

常に宙で電磁波がうごめいている・・・といったイメージでしょうか。

 

このように、家の外ではなく、家の中に目を向けてほしいと思います。

次回は④「住まいの正しい電磁波対策」をお伝えしますね。

 

PS:今日から北区でマンションリフォームが始まりました。

また、ブログでもお伝えしていきますので、楽しみにしていてくださいねcatface

詳しく見る

オールアース住宅とは?②「電磁波によって起き得る体調不良」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

 

この前の記事では、電磁波の目に見えない危険性 についてお話しました。

前回の記事 オールアースとは?①「電磁波の目に見えない危険性」

 

今日は、電磁波によって起き得る体調不良についてお話したいと思います。

 

例えば、手のしびれ、頭痛、いらいらしやすい、落ち着かない、肩こり、目の痛み

 など挙げたらきりがありません。しかしながら、この症状になって

「あ 電磁波の影響だ!」と思う方はいません。私も、この症状になったら

「あ~仕事の疲れがたまってるんだな」と思うだけです。

過労からくる疲れ目

そのため、この症状が出た方は、まず日常生活を見直すでしょう。

 

そこで症状が改善されれば、問題はありません。

 

しかしながら、それでも改善されない場合、色々な可能性を調べて、

「もしかして、電磁波?」という考えに至ります。

 

パソコンの電磁波?IHの調理器かな?それとも、電波塔からの電磁波? 

いろんな可能性を考えます。

 

まず、心配して頂きたいのは、

家族と一緒に過ごす家の電磁波について知っていただきたいのです。

昨日まで何事も無く過ごしていたのに、突然、

家電に近づくだけで頭痛や吐き気を感じる方や、栄や名駅に行けなくなる方もおられます。

 

「そんな人ほんとうにいるの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、

全ての方がこの症状になる可能性はあるのです。

電磁波過敏症はアレルギーの一種で、ある日突然発症しています。

 

ですから、せっかく性能の良い家を建てるなら、電磁波対策も一緒にしませんか?

 

次回は、③住まいの中の低周波と高周波 についてお話しますねsign03

 

PS:10月3日4日で完成&構造 W見学会を開催することになりました!

どちらもすぐ近い場所になりますので、ぜひお越しくださいね。

見学会詳細はこちら

詳しく見る

オールアース住宅とは?①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

 

当社では、以前ご紹介しましたが電磁波対策でアース工法を採用しております。

「オールアース工法漫画のご紹介」

http://www.3ken.jp/blog/cat81/entry001302.html

しかしながら、実際に電磁波の身体への影響は?

暖房器具は何がだめなの?電磁波ってそもそもなんだろう?

 いろんな疑問があると思います。

そんな疑問に答えるために、何回かに分けて、

電磁波のことについての記事を書いていきたいと思います。

 

今日は、電磁波の身体への影響 についてお話します。

 

皆さんは普段、電磁波について考えることはほとんどないと思います。

 

私も、オールアース工法について専門の方のお話を聞くまで、知りませんでしたgawk

皆さんが気にならない理由は、電磁波が目に見えないからです。

例えば、ハウスメーカーの営業マンから電話があり

「当社の家はすごい性能の良い家なのですよ!!」と言われても困りますよね。

「性能がいいって口で言われてもわかんない」となりますよね。ならどう判断しますか?

 それは肌で実感する・数値で知る。

住宅なら展示場に行く 宿泊体験してみる 

住宅の性能を表すQ値 C値 を教えてもらう などが問題を解消してくれます。

 

電磁波も同じで、測定器を使って測定するのですsign03

どこでどのぐらいの電磁波が出ているのか を知ることが第一歩になります。

 

測定結果の判断基準は、世界で最も厳しいとされるスウェーデンの基準

「EMFAセーフティガイドライン」を採用しています。

 

少しは興味が持てましたか?恐らくまだ半信半疑だと思います。

なぜか?やはり認知度と目に見えないもの だからですね。

 

じゃあ実際に家で危ないとこはどこ?

 

①アースされていないパソコンを使用

②木造2階建ての2階に寝室や子ども部屋がある

③ホットカーペットや電気毛布を使っている

④床暖房を使用している

など、この項目に当てはまる場合、少なからず電磁波の影響を受けている可能性があります。

 

じゃあ具体的に身体にどんな影響があるのか 

②「電磁波の目に見えない危険性」次回ご紹介いたしますねhappy02

 

PS:なかなか更新できておらず、申し訳ありません!

今ホームページもいろいろと皆さんが見やすいように編集しておりますので、楽しみにしていてくださいね。

今度東京まで夜行バスで行くのですが、やっぱり安いですね・・・

片道3500円で行けます。新幹線だと1万かかりますもんね。

夜行バスを使おうと思えることが、まだ若い証拠だと勝手に思っていますgawk

詳しく見る