オールアース工法の一覧

オールアース住宅とは?⑩「暖房器具との付き合い方」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

本日は、暖房器具との付き合い方 についてお話したいと思います。

最初から見たい!という方は下記のリンクから記事に飛んでくださいねsign03

 

1回目の記事:①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

前回の記事:⑨「身体が触れる家電製品」

本日は、暖房器具との付き合い方 についてお話したいと思います。

 

冬も本番が近付いてきますと、身の回りに暖房器具が増えてきますよね。

今回は、冬の定番となっている家電製品との付き合い方についてお話します。

094039.jpg

身体から離して使う暖房器具については、心配ありません。

なぜなら、電磁波は距離で変わりますから、身体と暖房器具が離れていれば問題ありません。

 

問題なのは、ホットカーペットや電気毛布などの、身体が直接器具に触れて使うものです。

距離が取れない家電製品の電磁波対策として、何を思い付きますか?

恐らく、今までこのシリーズをご覧頂いたお客様ですと

「アースすればいいよね!」となると思います。確かにアースは電場の対策として有効です。

ところが、暖房器具をアースするのはほぼ不可能なのです。

 

続きは「詳細を見る」をクリック

詳しく見る

オールアース住宅とは?⑨「身体が触れる家電製品」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01このシリーズも9回目に突入しましたsign03

30回まで予定しておりますので、じっくりゆっくり見て頂ければと思います。

「そんなにあるのsign02」と思った方は、流し読みしてくださいねcoldsweats02

 

1回目の記事:①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

前回の記事:⑧「部屋ごとの電磁波状況 子供部屋編」

本日は、身体が触れる家電製品 についてお話したいと思います。

 

寒い時期になると、ホットカーペットが恋しくなりますよね。

今回は、身体に触れ続ける家電製品についてお話したいと思います。

a0028694_15131945.jpg

ホットカーペットの「電磁波99%カット」というキャッチコピーの横には、

小さく「磁場のみ」「電場のみ」という言葉が添えられています。

 

それでもなお「磁場だけをカットすれば大丈夫」というセールストークで販売をしている会社もあります。

根拠は「国が言っているから」という頼りない理由です。国が言っていることは全て正しい とは限りませんよね。

 

電場の対策をしていないホットカーペットの上にいると、

私たちの皮膚の表面を誘導電流というものが覆い、

それにより体内電位のバランスが崩れ、皮膚がかよくなったりビリビリしたり、

発疹ができたりといった症状が想定されます。

 

なぜ、このようになるのか というのが医学的に明確になるのは、もう少し時間がかかると思います。

「電磁波」という言葉からは、電磁レンジやIHクッキングヒーターを想像される方が多いと思います。

しかし、本来危険なのは、身体との距離が近いホットカーペットや電気毛布を使うときにこそ注意が必要です。

 

次回は⑩「暖房器具との付き合い方」についてお話します。

 

PS:昨日は東京まで夜行で行きましたが、やはり疲れましたgawk

新幹線の半分以下の金額で行けるので本当に安いのですけどね。

詳しく見る

オールアース住宅とは?⑧「部屋ごとの電磁波状況 子供部屋編」

オールアース工法

おはようございます。スタッフのなかのですhappy01

 

1回目の記事:①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

前回の記事:⑦「部屋ごとの電磁波状況 寝室編」

本日は、部屋ごとの電磁波状況 子供部屋編 についてお話したいと思います。

_DSC8389.jpg

多くのお客様が最も気にする場所は、やはり子供部屋になります。

子供部屋は子供の寝室を兼ねているケースがほとんどですから、

寝室としての注意も必要になります。寝室の対策は前述のとおりですが、

その中でご説明した「照明一体型ベッド」と同じことが、お子さんの学習机でも言えます。

 

続きは「詳細を見る」をクリック

詳しく見る

オールアース住宅とは?⑦「部屋ごとの電磁波状況 寝室編」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

1回目の記事:①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

前回の記事:⑥「部屋ごとの電磁波状況 リビング編」

本日は、部屋ごとの電磁波状況 寝室編 についてお話したいと思います。

 

SANKEN141009MRT_157.jpg

寝室は1日の中で最も長い時間を過ごす場所ではないでしょうか。

人間は「寝ている時に身体を治す生き物」ですから、寝室の電磁波対策は本当に大切です。

 

まず、皆さんが使うベッドから見ていきましょうsign03

 

続きは「詳細を見る」をクリック

詳しく見る

オールアース住宅とは?⑥「部屋ごとの電磁波状況 リビング編」

オールアース工法

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

 

1回目の記事:①「電磁波は目に見えないプレッシャー」

前回の記事:⑤「部屋ごとの電磁波状況 キッチン編」

本日は、部屋ごとの電磁波状況 リビング編 についてお話したいと思います。

 

今回は、家族が集まる大切な場所 リビングについてです。

018.JPG

家電製品についてですが、対策は至ってシンプルです。

パソコンについては、アースをすれば電場はカットされますし、磁場はほとんど出ていません。

テレビは、電場、磁場ともに数値が低いので、対策不要です。

 

次に、床について考えて見ましょう。

冬はホットカーペットを使ったり、床暖房が設置されているお宅も多いでしょう。

 

電磁波対策の第一歩は、「発生源から離れる」でしたね。覚えていますか?

しかしながら、ホットカーペットも床暖房も、身体が直接触れるので、離れるのは難しいですね。

 

ホットカーペットは電場、磁場ともに強く発生する機器です。

最近は、「電磁波カット!」を謳う商品を見かけるようになりましたが、

そのほとんどが「磁場」カット機能のみで、「電場」への対策はされていません。

 

床暖房は、熱源によって電磁波環境が違います。

心配が無いのは、TESという温水を使った暖房システムです。

一方、電熱ヒーターや面状発熱体といった熱源を使った床暖房は、

電場と磁場の数値が高くなっています。

「じゃあどうすればいいのsign02

残念ながら、対策のしようが無く、「使わない」あるいは

「先に暖めておいて家族が集まるときはオフにする」といった使い方をするしかありませんgawk

 

もう1つ注意が必要なのは、床や壁の内側にある屋内配線です。

一般的には木造2階建て住宅の1階の床下には配線が入っていません。

しかし、2階以上の床面はほぼ間違いなく配線の通り道になっています。

そのため、常に身体が触れている床面ですから、電磁波がすごいことになっているのです。

 

また、屋内配線は床面だけでなく、壁内の内側にも通っています。

例えば、ソファーを壁にぴったりつけている場合には、

電場が伝播してソファーに座っている人の身体に影響を及ぼすことがあります。

 

このように、建物自体から電磁波が発生しているのです。

新築で自然素材や無垢の木にこだわるなら、

もう少しこだわって見ませんか?この記事が少しでもご自身の家づくりのご参考になればと思います。

次回は⑦「部屋ごとの電磁波状況 寝室編」をご紹介しますsign03

 

PS:9月末になると、年末まですぐだろうなぁ・・・と感じてしまいますね。

今年のやり残しがないように、1日1日大切に過ごしていきたいと思いますcatface

詳しく見る