日本が電磁波を1番強く受ける国である理由は?

オールアース工法参建の家づくり

こんにちは。スタッフの中埜ですhappy01

 

今電磁波過敏症の方がお客様におられ、電磁波対策のリフォームを現在検討しております。

改めて、電磁波は怖いな というのを実感致しましたsign03

普段の生活がままならず、寝室ではブレーカーをいつも落として生活されています。

私たちは普段の生活で電場の影響を感じることはないと思いますが、

必ず何かしらの影響はある と私は感じました。

 

日本は、他の国と比較して、電磁波の影響を受けやすい国と言われています。

 

その原因は何でしょうか。

 

①電気の使用量が50年間で10倍に

!cid_part1_08040407_01040303@be_wakwak.png

そして各国と比較すると、電気使用量は世界第3位です。

 

国土面積で見る

!cid_part2_08000906_06000604@be_wakwak.jpg

 

と世界で61位という小さな国ですが

電気使用量は世界で第3位です。ちなみに人口は10位です。

 

狭い土地に狭い家を建てて、そのくせ電気はいっぱい使用するため、

電気との距離が非常に近く、電磁波の影響を世界で1番受ける国 ということが言えます。

 

②パソコンの上に布団を敷いて寝ているようなもの

30年前の住宅と比べて、コンセント 照明 スイッチがそれぞれ3倍に増えたことにより、

床 壁内部の屋内配線が総量が約6倍の800~1000mに及んでいます。

電圧が常にかかっている屋内配線は、ブレーカーをOFFにしない限り四六時中電場が発生します。

床、壁の数値がパソコンなどの家電製品と同じくらい発生するケースもあり、

木造住宅の電場発生状況を調査してみると、
配線のほとんど入らない1F床面を除き、2Fの床面、各階の壁面の6~7割の箇所から、

基準値25V/mの8~10倍の電場が発生しています。
長時間過ごす寝室や子供部屋は2Fに配置されるケースが多く、特にその影響が懸念されます。

!cid_part3_09060201_08000209@be_wakwak.jpg

せっかく無垢の木の自然素材たっぷりのお家を建てられるなら、

電磁波対策を一緒にされてはいかがでしょうかcatface

 

・オールアース住宅の漫画はこちら

http://www.3ken.jp/blog/cat108/entry001389.html

・オールアース住宅 詳しい記事はこちら

http://www.3ken.jp/blog/cat108/entry001428.html

PS:久しぶりの更新となりました!

今年1年も1日1日 前向きに 楽しく お客様のためにできることを考えて、

仕事に取り組んでいきたいと思います。今年もよろしくお願い致しますsign03