参建の家づくり

  • 参建の家の特徴
  • 家づくりの流れ
  • 参建の家づくり講座

パフォームガード

パフォームガードは防蟻処理を施した発砲ポリスチレンの断熱材です。
防蟻処理には毒物を使わず、自然環境中に保存する物質を使用。
防蟻効果が半永久的に持続しながら製造担当者の安全性も保証されています。

→詳細を見る

外断熱工法

外断熱工法とは、木造住宅の柱の外側及び屋根面に板状の断熱材であるアキレスボードを貼り、
建物(構造体)を魔法瓶のようにすっぽり覆う工法のこと。

→詳細を見る

断熱窓

一般的な窓からの熱損失が住宅全体の約4割を占めるので、これを防ぐ必要があります。
断熱窓なら、すきま風を防止しLoW-E、アルゴンガス入り2重ガラスにより高断熱なので窓からの熱損失も少なく備えは万全です。

 

→詳細を見る

換気システム *澄家・SUMIKA*第一種熱交換換気システム

外断熱で高気密・高断熱を行い、24時間換気システムを導入することで、家の中全体を空気が循環します。
ハウスダストのほとんどは床上30cm。ですから足元からの排気除去が合理的です。

吸気と排気が交差する高性能透湿膜は、熱と水分が透過する構造になっています。

これによって、湿度と温度を保った状態で換気されます。

集中吸気集中排気なので外部の風の影響も受けません。花粉や土ぼこりもシャットアウト。
24時間換気して電気代はわずか月800円。メンテナンスは2~3ヶ月に一回フィルターの掃除が必要です。

→詳細を見る

木造軸組工法

木造軸組工法とは、柱と梁・桁などの横架材によって軸組を構成するもの。
伝統的な工法が少しずつ変化しながら伝わってきたもので在来工法とも呼ばれる。
(2×4工法などが該当する)そのなかでも木造軸組工法は、日本の気候・風土に最も合った工法である。


140207_1.jpg

ページトップ