参建の家づくり

  • 参建の家の特徴
  • 家づくりの流れ
  • 参建の家づくり講座

オールアース工法

オールアース住宅とは、建物が発生させる電磁波をカットした住まいです。

 

オールアース住宅とは、建物から発生する電磁波(電場)を導電性シートを使ってカットした住宅です。

床下や壁の内側を通る屋内配線からは、電磁波(電場)が発生しています。

しかも、パソコン等電化製品ならば、コンセントに差し込んでいるときしか発生しないこの電磁波が

屋内配線の場合は一日中ずっと発生し続けます。

家にいる限り、寝ているときも、リビングでくつろいでいるときも

電磁波の上にいるという状況になりかねないのが、現代の住まいの実態です。

電磁波のうち「電場」はアースでカットすることができます。

電化製品ならば、アース付きコンセントでアースすれば、それだけで電場がカットされていますので

パソコンを使うときなどはアースをすることをお勧めします。

ではパソコンと同じように電場が発生する家(屋内配線)はどうすればアースができるでしょうか?

「オールアース住宅」では、特殊な導電性シートスパンボンドを開発しました。

導電性シートスパンボンドを床や壁など屋内配線の通り道となる箇所に敷き

シートをアースすることで、配線から発生する電場を逃がします。

アース

地面に打ち込んだ金属棒を通して電気の逃げ道を作ること

感電防止

RC造[ あーるしーぞう ]

鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete)の略。
建物の主要構造部を鉄筋コンクリートで造ったもの。
柱、梁、壁などの鉄筋を組み、型枠を付けてコンクリートを流し込んで造
る。

内断熱[ うちだんねつ ]

木造住宅や鉄骨造の住宅で柱と柱の間に断熱材を充填する方法で、充填断熱
とも言う。
鉄筋コンクリート造の場合は、骨組みの室内側に断熱材を打ち込む(吹き付
ける)方法をとる。

エクステリア[ えくすてりあ ]

住宅の外廻りで、門・塀・植栽等のことをいう。

相見積もり[ あいみつもり ]

建築工事を依頼する時に業者の選択をする為に、同一の条件・図面を示し見
積もりをしてもらう事。
もっとも条件の良い依頼先を選ぶ事ができる。
金額だけでなく、内容や対応なども比較して決める事が大切。

アプローチ[ あぷろーち ]

道路や広場から玄関へと導く通路。植栽や塀などで個性を表現したり、近隣
との調和をはかる事ができる。
北海道の場合は、雪の対策も忘れてはならない場となる。

衛生設備[ えいせいせつび ]

建築物に設ける給水・給湯・排水・換気・衛生器具などの設備。

イニシャルコスト[ いにしゃるこすと ]

住宅を造るのに必要な初期費用。
本体工事費、設備工事費、外構工事費、設計費、工事監理費など完成するま
でにかかる総費用。

踊場[ おどりば ]

階段の中間に設ける足休めの空間。転落防止など安全性から設ける場合もあ
る。


Warning: include(/usr/local/chroot/usr/home/aa1591cesb/html/include/bana.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/aa1591cesb/html/product/cat9/index.html on line 307

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/usr/local/chroot/usr/home/aa1591cesb/html/include/bana.html' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/aa1591cesb/html/product/cat9/index.html on line 307