参建の家づくり

  • 参建の家の特徴
  • 家づくりの流れ
  • 参建の家づくり講座

内装制限[ ないそうせいげん ]

火災時に短期間で燃え上がるのを防ぐ為、又ガスの発生などを抑える為に、
建物の規模・用途・火を使う部屋などで(壁・天井の)内装の材質が制限さ
れている。
詳細は、建築基準法などで定められている。

軒天井[ のきてんじょう ]

軒の出や庇の天井部分のこと。

熱損失[ ねつそんしつ ]

室内の熱が外へ奪われることで、温度差、空気圧の差などにより起こる。
窓ガラスからの熱損失は大きいため、断熱性能の高いサッシを使うと良い。

根太[ ねだ ]

床板を支える為に配置された木材。
通常洋室で303mm間隔、和室で455mm間隔だが、家具など室内の荷重が大き
くなる場合は、根太補強(間隔を狭めたり、部材寸法を大きくする等)が必
要になる。

野地板[ のじいた ]

木造建築物の、屋根の下地板。

塗り壁[ ぬりかべ ]

左官材料で塗り、仕上げる壁のこと。塗り厚さのことを、塗りしろという。

布基礎[ ぬのぎそ ]

木造住宅に多く使われる基礎で、この上に土台を敷設し柱や壁を取り付け
る。
細長く布のように連続した鉄筋コンクリート製の基礎。

軒の高さ[ のきのたかさ ]

地盤面から建物の敷桁の上端までの高さ。
軒の高さが9mを超えると、建築する上で多様な規制がかかる。

根切り(根堀)[ ねぎり ]

建物の基礎を作る為に地面を掘り下げること。
基礎を作った後空いた部分に土を入れることを、埋め戻しという。

22条区域[ にじゅうにじょうくいき ]

特定行政庁が防火地域又は準防火地域以外で指定する地域で、屋根に不燃材
料の使用を義務付けた区域のこと。
建築基準法第22条で定められていることからこう呼ばれている。


Warning: include(/usr/local/chroot/usr/home/aa1591cesb/html/include/bana.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/aa1591cesb/html/product/cat5/index.html on line 273

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/usr/local/chroot/usr/home/aa1591cesb/html/include/bana.html' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/aa1591cesb/html/product/cat5/index.html on line 273