参建の家づくり

長期優良住宅に適応しております

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が、その構造および設備について講じられた優良な住宅のことです。平成21年6月4日に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。この法律は住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑えて環境への負荷を低減すると同時に、建替えにかかるコストを削減することによって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

具体的には、住宅ストックの活用を目的として
●環境問題に貢献していること
●消費者の住宅取得費の軽減
●中古市場の活性化(選択肢の増加)
●ストックビジネス(点検・リフォーム・中古住宅の売買)の育成

などがあげられ、そのために長寿命住宅の認定制度が行われることになりました。

法に基づき、所管行政庁による「長期優良住宅建築等計画」の認定を受けることで、住宅ローン減税(所得税、個人住民税)、登録免許税、不動産取得税、固定 資産税の税制上の優遇を受けることができます。この法律が施行されたことによって、これまでは築数10年で価値が下落していた住宅でしたが、「長期」とい う性能・管理体制がブランド化すると考えられています。

長期優良住宅の認定を受けるためには、着工前に認定申請する必要があります。認定申請は、所管行政庁に行います(建築基準法に基づく建築確認申請をする建 築主事がおかれている地方公共団体のことで、建築する場所によって異なります)。なお、認定申請の際には、劣化対策や耐震性のほかバリアフリー性、省エネ ルギー性、維持管理・更新の容易性、可変性、居住環境、住戸面積、維持保全計画などの性能項目がチェックされます。


参建では木造軸組工法という日本の気候・風土に本来適した工法を使っているほか、耐震・耐火性能に優れた建材を使用したり、エコに配慮し高気密・高断熱を 実現した外断熱工法など、長期優良住宅の認定を受けるにふさわしい技術を駆使して末永く快適に暮らせる家づくり続けています。

 

参考: 長期優良住宅法関連情報 

 

ページトップ