参建の家づくり

  • 参建の家の特徴
  • 家づくりの流れ
  • 参建の家づくり講座

天窓

明るさ、換気を取るためにベルックス社の天窓に採用をします。
Fixの窓でも太陽光で動くブラインド付やオープンタイプでは雨が吹き込む前に雨センサーがあり大変評判です。

長期優良住宅に適応しております

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が、その構造および設備について講じられた優良な住宅のことです。平成21年6月4日に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。この法律は住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑えて環境への負荷を低減すると同時に、建替えにかかるコストを削減することによって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

→詳細を見る

参建の耐震性能

参建の高強度・耐震システムの特徴を説明いたします。

 

→詳細を見る

太陽光発電

参建は、地球温暖化防止対策として太陽光の設置をお勧めします。
太陽光を載せるならできるだけ多く発電する様に計画しましょう。効率が良くなります。
又、10kw以上の太陽光設置をお勧めします。
20年の全量買取で収支も安定します。

3.02kwしか載せていない家でも断熱(Q値)性能がいいと1年を通して電気代0で生活できています。
140224.jpg

安心のバックアップ

完成保証(住宅あんしん保証)

住宅の建築を依頼した建築会社が倒産した場合などにも、住宅の完成までを保証する保険です。

→詳細を見る

通気断熱WB工法

通気断熱WB工法は、木造建築に独自の技術を合わせた家作りの工法。

日本建築の伝統を引き継ぐ技術と現代の最新の技術を組み合わせて進化した木造在来工法で、
部屋の壁と断熱材の間に通気層を設け、室内で発生した余分な湿気を壁を通して通気層から家の外へ排出させる構造をもっています。

→詳細を見る

形状記憶式自動開閉装置 (通気断熱WB工法)

一度変形しても温度を加えることにより元の形状に戻るという形状記憶合金の特性を利用した装置。
温度を感知することにより換気口を自動的に開閉し通気層を冬は保温層に、夏は冷却層にしてくれます。

シーリングFAN (通気断熱WB工法)

足元にたまる冷気や天井にたまる暖気を対流させ、夏も冬も快適な室温を保ちます。
お部屋の温度を均一に保ち、冷暖房効率を高めるので省エネに効果があります。

ヨドマーズ (通気断熱WB工法)

天井部で壁に沿って気流を発生させることで、床部の空気を吸い上げ、穏やかな対流を起こさせます。
これにより、天井付近と床付近の温度差が解消され、部屋のすみずみまで空気を対流させることができるので、淀んだ空気がなくなり、結露やカビなどを抑える効果があります。
一般の対流装置のように風を直接感じることもなく、また風音もありません。
省エネを実現し、光熱費の削減にも効果的です。

PW(Push Wall)工法

敷地境界極限まで建物の間口を広げ、どんな空間でも有効活用するために
外壁をその場で先に組み、四方を付け合せて組み立てていく参建オリジナルの工法。
隣りとの境界線から外壁面までの距離は最低10cmまで寄せられます。

→詳細を見る


Warning: include(/usr/local/chroot/usr/home/aa1591cesb/html/include/bana.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/aa1591cesb/html/product/cat1/index.html on line 296

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/usr/local/chroot/usr/home/aa1591cesb/html/include/bana.html' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/aa1591cesb/html/product/cat1/index.html on line 296