参建のこだわり

  • STEP1 自社施工
  • STEP2 木へのこだわり
  • STEP3 自然素材でつくる高気密高断熱の住まい
  • STEP4 個性のある家 Nest
  • STEP5 小さな敷地 Planche
  • STEP6 びおハウス

省エネ性・快適性を追求した住まい。

湿度の高い梅雨や夏、乾燥しがちな冬など、日本特有の気候・気象条件に対して 換気と冷暖房だけでなく、最適な湿度を保つことが快適に生活するポイントです。
特に東海三県はジメジメした夏と乾燥した冬が他の地域よりも顕著ですから、高気密・高断熱の家はもちろん、全熱交換型換気システムを行う参建の建て方は最適であると考えています。
また、外断熱工法を採用することで、部屋間の温度差を少なくし湿度を低く抑えられます。 その他にも、ヒートショック現象を防ぎ、一年中どの部屋にいても 過ごしやすく安心して生活できる家になります。

省エネやCO2削減などの温暖化対策を取り入れた「エコ」にも力を入れています。

「夏は涼しく」「冬は暖かい」家

Point1 外張り断熱

柱・梁をすっぽり断熱材で包むため、構造躯体部分での温度差が小さく結露も極めて起きにくくなります。
また、柱・梁などで木材が直接空気に触れることで、呼吸が促進され、耐久性の向上につながります。
断熱性能を上げることにより、1年を通して省エネになります。

外断熱

参建では、1年を通して省エネにするために、外張り断熱を標準とし、内断熱も行うW断熱をおすすめしております。

Point2 基礎にも外断熱

「ベタ基礎」の外側にパフォームガードと呼ばれる断熱材を使用しています。
高気密・高断熱住宅の目的は、蒸し暑い夏や寒い冬の室外の熱を室内に入らせない為にあります。
壁や天井にその対策を施しても基礎…つまり床下から熱が逃げてしまっては全く意味がありません。
参建では基礎の外側に断熱材を張り、基礎の中に室外からの空気・熱をシャットアウトします。

Point3 断熱窓と樹脂サッシ

窓からの熱損失が住宅全体の約4割をしめます。
これを防ぐために、アルゴンガス入り2重ガラスにより高断熱なサッシにして熱損失を減らします。
参建では、断熱・気密性能も高い樹脂サッシ、インテグリティなど木製サッシ、丈夫でお洒落な北欧スウェーデン製の
玄関ドアをお勧めしています。
※準防火地域のサッシは、複合サッシを使用します。


木製複合サッシ


樹脂サッシ    アルミ複合サッシ

Point4 全熱交換型換気システム

Point5 断熱窓と樹脂サッシ

住宅の気密化の必要性とメリットとして下記の用なものがございます。
参建では、基準値(C値)が0.5~1です。

1:冷暖房熱費の削減
2:外気の進入を防ぐ
3:結露の防止
4:計画換気の確立

将来のコストまで削減する設計

家にかかるコストは、建築費だけではありません。
むしろ、重要なのは住み始めてからのランニングコストです。
参建では、温度のバリアフリーを実現し、一年中過ごしやすい家になります。
また、木の耐久性を減退させる湿気から家を守ることもできるため、人だけでなく家にもやさしい工法です。

参建では、「住んでからの満足」も大切にしております。
将来安心して頂けるように、気になる事、わからない事などお気軽にご相談ください。

以下参考サイトです。ぜひ1度ご覧ください。


  • STEP1 自社施工
  • STEP2 木へのこだわり
  • STEP3 自然素材でつくる高気密高断熱の住まい
  • STEP4 個性のある家 Nest
  • STEP5 小さな敷地 Planche
  • STEP6 びおハウス
ページトップ