スタッフブログ

スタッフブログ
過去のスタッフブログ

アラジンの電気ストーブ

[2017年11月17日更新]

 

 みなさんこんにちは。 スタッフの出水です。

 自宅の私の部屋で愛用していた電気ストーブが壊れてしまい、新しく購入を検討していました。

 今は電気ストーブの熱源って、3種類あるんですね。

 グラファイト管・カーボン管・シーズ管の3つ。

 それぞれ、「赤くならない。遠赤外線効果。立ち上がりが早い」 など、特徴もさまざま。 

 グラファイト管・アラジンストーブ (3).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩んだ末に、◎の多いグラファイト管タイプにしました。

 そして売場で見つけた 「ん!アラジンのストーブ?」

 アラジンといえばレトロなデザインと、ポップな色で人気の石油ストーブは知っていたのですが、

電気ストーブもあったんですねぇ。 fuji

 良いイメージがあったのと、当初の予算よりお値段も手頃だったので即決しました。

2017111007470000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラファイト管って、以前のストーブよりも性能が良いので驚きました。

6帖の部屋はこれ1台で充分に暖まります。

大切に、長く使っていきたいと思います。 notes

 

 

 

→詳細を見る

施工事例に新しい物件が追加されました!

[2017年11月14日更新]

んにちは、風邪がなかなか治らないアラサーの市川です。

 

さて、施工事例が3軒追加されました。

どのお家もお施主様それぞれの家づくりストーリーがあり想いがあり

どれも似たものはありません。それがフルオーダーの注文住宅ならではですよね。

 

参建の平均スペックは現在UA値 0.4w/㎡K前後

ゼロエネルギーハウスの外皮基準が 0.6w/㎡K以下、

将来的に国が目指そうとしているのが0.46w/㎡K以下

なので参建はだいぶ先をいっているのです。

 

参建の0.4w/㎡K前後のスペックは冬の室内最低の体感温度が

「おおむね13度を下回らない」レベルらしいです。

(HEAT20委員会により参照)

このレベルまでいくと結露が起きないことによるカビ・ダニの繁殖抑制、

温度差によるヒートショック対策

暖房消費量の大幅削減などのメリットがあるということです。

確かに!実際に参建の家に住んでいる私は実感しています。

多治見という僻地に住んでいますがまだ無暖房、昨年は寝室はずっと無暖房で過ごせました。

ゼロエネルギーハウスにするのに必要なお金は平均250万~300万円らしいです。

高いか安いかはあなた次第!

 

施工事例はこちらから

 

→詳細を見る

本日より!

[2017年11月11日更新]

本日より(11日、12日と18日、19日)重量鉄骨のグランドオープンイベント開催します!

ご来場頂きアンケートをご記入いただいた方に

QUOカード500円分プレゼントです!

スタッフ常駐してますのでお気軽にお越しください。

お時間は10時~17時。

駐車場もモデルハウスのところに停めてくださいね。

重量鉄骨外観.JPG

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

→詳細を見る

完成見学会のご来場ありがとうございました。

[2017年11月06日更新]

こんにちは、最近パフェやクレープが食べたくてしかたのない市川です。

さて、先週末は瑞穂区にて完成見学会でしたnote

たくさんのお客様にお越し頂きありがとうございました。

ご協力いただきましたお施主様にも感謝ですshine

 

今回の一番目線を引いたのはやはり木登りできちゃう出節丸太と

グリーンタイルのアイランドキッチンです。

IMG_2246.JPG

IMG_2220.JPG

帰り際にお施主様が見えて「玄関がかわいくてカーポートで隠したくないなぁ。」と

おっしゃっているのを聞いておうちに愛情をもってくれているんだなぁと

勝手に嬉しく思っていました。これまでたくさん悩まれてご自分たちで選んできたものなので

愛着がわきますよね。注文住宅ならではだと思います!

 

先日お引渡ししたお家の方からも「アトピーの症状が良くなってきた」という

お話を社長が聞いてきて自然素材にこだわった家づくりをしてきてよかったと

社長もつぶやいてました。

ついつい予算のなかでデザインや広さに目線が行ってしまいますが

住んでからの生活のしやすさや安全性は一番大事なところではないでしょうか。

参建はそこの点においてはどこよりもこだわっていると自負しております!

これからお家を建てる方には、素材や構造の大事さも知ってほしいです。

住まい教室にぜひお越しください。(詳細はこちら

 

来週末は重量鉄骨のイベントです~!

ぜひお気軽にお越しください。

 

 

 

→詳細を見る

塗り方の打ち合わせ

[2017年11月02日更新]

こんにちは、木登りできちゃう家 現場監督の林です。

少し前になりますがお施主様と左官工事の打合わせをしてきました。

 

どんな打ち合わせかというと、、、

木登りできちゃう家は外壁一面が塗り壁なんです。

その塗り方を現場で職人さんと一緒に打ち合わせをしました。

外壁.JPG

コテで塗ったような感じを出すために凹凸を大きくすると

後々、凹凸に汚れが溜まりやすくなってしまいます。

かといって凹凸がないと塗り壁感が分かりにくい、、

難しいところです。。。

今回は少し塗り模様がでるように仕上げました。

 

 

そして

内部も1Fは漆喰があるため塗り方の打合わせです。

漆喰.JPG

内部の壁の方が外部の壁よりも後々の汚れを気にしなくてよいので

色んなパターンができてお施主様の個性がでます。

今回もお施主様のご希望に合わせて素敵な壁ができあがりました。

どんな壁ができあがったかは

是非11/4.5の見学会で見てみてくださいね。

とても愉しいお家になっております。

 

ちなみに、写真の後ろの方に木登りできちゃう柱がみえてますeye

 

→詳細を見る

ページトップ