次世代ZEHに115万円補助!

参建の家づくり

こんにちは、お久しぶりのブログになりました。

スタッフの市川です。

花粉・・・すごいですねtulip

花粉症の脅威がすぐそこまで来ております。。

 

さて、2018年度のZEHの支援事業の概要が発表されました。

これまでと同じ通常のZEHは1件あたり補助金70万円

今回新たに追加されました【ZEH+】はなんと1件115万円

 

また、蓄電池の導入加算の上限も通常ZEHは30万円

ZEH+は45万円と1.5倍に!

通常ZEHとZEH+の追加要件は以下

通常ZEH 再生可能エネルギーの導入効果を除いたエネルギー削減量を20%以上にすること

ZEH+ 再生可能エネルギーの導入効果を除いたエネルギー削減量を25%以上にすること

①高性能外皮 ②高度エネルギーマネジメント ③電気自動車(プラグインハイブリッド含む)の

3つの要素の内2つ以上採用すること。

①の高性能外皮はこちらの東海地域ではUA値(W/㎡・k)で0.5以下

 

ちなみに参建では標準仕様でもUA値(W/㎡・k)0.4前後ですので基準はクリアできます。

 

この事業は経済産業省と環境省の担当で実施されており今後の国が目指す住宅そのものです。

省エネルギーで快適に過ごせ、家庭(車も含め)で使うエネルギーは自家発電、自家消費するという家。

 

参建ではこのような家を信念を持って造っています。

補助金はタイミングですので必ずもらえるかは確定できませんが

このような家造りにご興味の或る方はぜひ参建に遊びに来てください。

3月24.25日の完成見学会はこちら

201803_dm.jpg

 

お待ちしております。